濡れ透けJ○雨宿りレ○プ あらすじ

濡れ透けJ○雨宿りレ○プの少女がバックで犯されるシーンが凄い

濡れ透けJ○雨宿りレ○プあらすじ感想を紹介しますが、これを読むと、実際に購入して読んでみたくなってしまう危険がありますよ!

 

 

濡れ透けJ○雨宿りレ○プは、女子高生が中年のサラリーマンに無理やり犯されてしまうお話です。

 

 

まずは、フルカラーの漫画を無料で立ち読みしてみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

濡れ透けJ○雨宿りレ○プ感想

 

濡れ透けJ○雨宿りレ○プのヒロインは、バス停で雨宿りをしている女子高生です。

 

 

この少女がとにかくかわいい。色白で、巨乳、そして瞳が大きい美少女

 

 

そんな処女と思われる美少女が、オジサンに犯され、そして中出しされながらも快感を感じ、絶頂を知ってしまいます。

 

 

キャラクターだけではなく服、下着の描き方、そして、注目して欲しいのが美少女のアソコの描き方に興奮するでしょう。

 

 

しかも、フルカラーの絵には感動します。

 

 

そんな「濡れ透けJ○雨宿りレ○プ」がキャンペーンで全話驚きの激安価格で読めるチャンスを逃さないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濡れ透けJ○雨宿りレ○プあらすじ

 

それでは、彼女の視点で、濡れ透けJK雨宿りレプのあらすじを紹介します。

 

 

 

 

突然の雨で、来ていたワイシャツもスカートもビチョビチョに濡れてしまいました。

 

 

服も重くなってしまったので、ちょっとでも乾かそうと思って濡れてしまったスカートの裾をたくし上げて水を絞っていました。

 

 

太ももや、パンツがちょっと見えそうだったけど、誰もいないからいいかなと思っていたのですが、

 

 

そんな時、人の気配を感じました。

 

 

見られた・・・?

 

 

そう思ったのですが、現れた中年のオジサンはそんなそぶりを見せなかったので良かったなと思ったのです。

 

 

時間があったので、他愛のない話をして、おじさんは東京から仕事できていることがわかりました。

 

 

そんな時、オジサンの目つきが変わったことに気づいたとたんに、私の上に圧し掛かってきたのです。

 

 

驚き、そして抵抗しました。

 

 

でも・・・・

 

 

胸を揉まれ、そして、乳首に吸い付いてきたのです。

 

 

恥ずかしいですが、乳首が勃ってしまったのに気づかれた途端、

 

 

オジサンの脱ぎ捨てた服で私の両手は縛られてしまったのです。

 

 

シャツを脱がされて、乳首を吸われてしまいました。

 

 

オジサンの手に噛みつき、手を離させようとしたのですが、逆に乳首を噛まれてしまったのです。

 

 

「噛まないで・・・」

 

 

そう言うのが精一杯でした。

 

 

すると、私の胸の間に、オ●ンチンを挟んで、パイズリをしてきたのです。

 

 

嫌がる私を尻目に、オジサンは射精し、私の顔は汚い精液まみれになってしまいました。

 

 

そんな私の姿を見て余計に興奮したのか、オジサンは、オ●ンチンを私の口に無理やり差し込み、

 

 

私のアソコを舐めまわしてきたのです。

 

 

嗚咽を漏らす私を気にも留めずに、私の口の中に精液をぶちまけるオジサン。

 

 

私は気持ち悪さと、あまりの悲しさに何もできなくなってしまいました。

 

 

 

オジサンは、私の後ろに立ち、バックから私のアソコの中にオ●ンチンを入れてきたのです。

 

 

まさか・・・・

 

 

私は、こんなオジサンに立ちバックで処女を奪われることになるなんて思ってもいませんでした。

 

 

激しい痛みから逃れようとしますが、男の人の力には勝てません。

 

 

オ●ンチンを奥深く挿れられ、ピストン運動をされているうちに、アソコは痛みとともに徐々に気持ちよく感じるようになっていました。

 

そんな私の状態を感じ取ったかのように、

 

 

私の乳房、そして乳首を弄りまわしてきました・・・

 

 

私は思わず、声を漏らしてしまったのです。

 

 

膣の奥深くまで突きまくられ、子宮口にまでオ●ンチンが当たると、私の身体は自然と反応してしまいます。

 

 

身体は正直で、オ●ンコは恥ずかしい液を吐き出し、卑猥な音を立てています。

 

 

私のオ●ンコは肉棒を締め上げ、射精を促してしまいました。

 

 

「妊娠したらごめんね」

 

 

そう呟きながら、オジサンは私の中でイッてしまいました。

 

 

「中は嫌」そう叫んでももう手遅れでした。

 

 

精液を撃ち込まれたアソコの穴から肉棒が抜かれると、中から精液が流れ出しているのがわかります。

 

 

やっと解放されると思ったのは私の甘い考えでした。

 

 

再びオ●ンチンを私のオ●ンコの中に捻じ込み、腰を振り出したのです。

 

 

それからは、何回も、何回もイッているオジサン。

 

 

もう私の身体もオ●ンチンに突きまくられる快感に反応し続けてしまいました。

 

 

そして、遂に、私にも中年のオジサンに犯されているのに、絶頂が近づいてきたのです。

 

 

「らめ、もう、らめ……ぇっ」

 

 

そう叫びながら、イッてしまいました。

 

 

 

私のイキ顔を覗き込まれてしまいましたが、もうどうすることもできませんでした。

 

 

オジサンは私の唇を奪い、胸を揉みあげ、またオ●ンコに肉棒を挿入してきました。

 

 

今度は、正常位で・・・

 

 

口では、イヤ・・・。

 

 

そう言っていましたが、体はウソをつけなかった。

 

 

アソコはオ●ンチンを簡単に咥え込み、ヌチャ、ヌチャと音をたてています。

 

 

あまりの気持ちよさに、喘ぎ声も出ています。

 

 

私の中でオ●ンチンは一回り大きくなり、そして・・・・

 

 

⇒ 濡れ透けJ○雨宿りレ○プを読んでみたいならコチラをチェック!