文学女子に食べられるのあらすじとネタバレ

文学女子に食べられる僕の話

文学女子に食べられる僕の立場であらすじ、そしてネタバレをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文学サークルに属する僕は、ある気になる後輩女子がいる。

 

 

気にはなっていても、地味で人見知りな僕には、女の子と交際したことも無く、どうやって声をかけたらいいのかもわからずにいた。

 

 

そんな文学女子に食べられることになることになるとは思いもよらなかった。

 

 

でも、不思議なことに、彼女が僕のことを見つめていることに気づいていたが、理由が良くわからない。

 

 

ただ妙な色気を放つ彼女に、特別な感情を抱きつつあったのは間違いないけれど、この気持ちを抑え続けていた。

 

 

そんな時、彼女から飲みに誘われる。

 

 

嬉しい、それが僕の本音だったけれど、まさか、耳をなめるのが好きだなんて。

 

 

そして、あんなことになるとは・・・・・。

 

 

彼女の部屋に誘われ、そして、まさに、文学女子に食べられることになってしまった。

 

 

耳を食べちゃっていいんですよね?

 

 

まさに、僕が文学女子に食べられることを暗示していた言葉だった。

 

 

耳を舐められ、思わず声を出してしまった。

 

 

すると、彼女は、声を出さないでください。

 

 

彼女は、一杯いっぱい気持ちよくしてあげますと、僕のアソコを・・・・

 

 

はち切れんばかりに大きくなった僕のあそこ。

 

 

彼女は、僕のあそこを柔らかい手でシゴキだす。情けないことに、すぐにイク僕。

 

 

そんな精子で汚れたアソコを、彼女は美味しそうに口にくわえ、フェラをしてくる。

 

 

文学女子で、おとなしいと思っていた彼女が、まさかこんなに激しく責め立ててくるなんて。

 

 

嬉しさと、恥ずかしさで、僕は彼女の口の中にまた発射してしまった。

 

 

気持ちいい。

 

 

それでも彼女の責めは続き、気が付くと、目隠しをされ、手足の自由も奪われ、そしてお尻の穴にバイブを入れられてしまう。

 

 

そして、一段と大きくなった僕のアソコが、彼女のアソコにゆっくりと入っていく。

 

 

暖かくて、締め付けられる感覚は、今までで体験したことのない素晴らしい世界があることを僕に教えてくれた。

 

 

ゆっくりと腰を動かす彼女。

 

 

また僕は絶頂に向かって突き進んでいく。そう僕は、彼女に初めてで、全てをを奪われていく・・・・・

 

 

まさに、文学女子に食べられるを、エロく、繊細なタッチで描き上げた秀作です。

 

 

⇒ 文学女子に食べられるの無料試し読みはコチラ