家畜の王のネタバレ

家畜の王はエロさが際立つラストが気になる漫画

家畜の王は関西オレンジが公開しているエロさが群を抜く秀作漫画です。

 

 

現在5話まで公開されていますが、6話が気になる、どんなラストになるのかと気になる方が非常に多い漫画ですね。

 

 

ヒロインの咲が、男たちに犯され、そして、まさかの弟優一に処女を奪われるという衝撃的なストーリーで、キャラクターがカワイイから引き込まれてしまいます。

 

 

こちらで、家畜の王あらすじネタバレ、そして感想を紹介していきます。

 

 

家畜の王を無料試し読みしたいなら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

【DMMコミック】同人:家畜の王 SP/PC

 

 

家畜の王の感想

 

 

上にも書きましたが、登場するキャラ、特に女子がカワイイ。

 

 

空手の達人の咲は鍛え上げた締まった身体をした美人。そんな彼女が男たちに弄ばれ、処女を奪われてしまう。

 

 

ムチムチした肉体が男たちの魔の手に・・・・

 

 

そして、気を失っていた弟、優一のチ●ポをオマ●コに挿れられてしまうという衝撃展開には驚かされますが、気付いた優一のまさかの行動。

 

 

読み始めると次が気になって読む手が止まらない。

 

 

6話の展開が気になって仕方がないというのが読んだ感想です。

 

 

 

家畜の王1話のあらすじネタバレ

 

 

家畜の王の1話は、ヒロイン咲の弟の優一が彼女の柚果と歩いているところから始まります。

 

 

3人の男に因縁をつけられてしまいます。

 

 

こいつらは、ムチムチボディでおっぱいの大きな巨乳美女である柚果を狙っていたのです。

 

 

優一は男たちに簡単に打ち負かされ、柚果は胸を揉まれながら連れ去られてしまうのかというピンチに陥りますが、そこに登場するのが家畜の王のヒロイン咲。

 

 

空手の達人の咲は男たち倒し、柚果を助けます。

 

 

しかし、この行動が男たちの恨みを買うことになってしまうとは・・・・

 

 

 

家畜の王2話のあらすじネタバレ

 

 

倒したガラの悪い男たちは、復讐をしようと、弟の優一を人質にとって咲を呼び出します。

 

 

優一はアルコールを飲まされて気を失っています。

 

 

そこには、キックボクシングをやっている助っ人の男がいて、驚くほどの達人だったのです。

 

 

咲はこの男に敗れ気絶してしまいます。

 

 

男たちは、咲のパンティを剥ぎ取り、写真を撮られてしまいます。

 

 

意識を取り戻した咲ですが・・・・

 

 

 

家畜の王3話のあらすじ・ネタバレ

 

 

意識を取り戻した咲が目にしたのは、自分の下半身がむき出しにされている姿だったのです。

 

 

そんな恥ずかしい姿をスマホで写真を撮り続ける男たち。

 

 

抵抗したくても男たちに押さえつけられ、身動きが取れない中で、上着のボタンをはずされ、おっぱいもあらわになってしまいます。

 

 

胸を鷲掴みされ、揉みしだく男たち。

 

 

その姿までも写真に撮れれています。

 

 

そして、最後には、完全な全裸にされ、オマ●コに、男たちの汚いチ●コを無理やり挿入されてしまいます。

 

 

処女を喪失する姿までもハメ撮りされてしまいます。

 

 

あまりの痛み、そして屈辱に耐える咲。

 

 

いけないことだとは思いますが、その姿にそそられてしまうのは男の性でしょうか・・・・

 

 

 

家畜の王4話・5話のあらすじ・ネタバレ

 

 

 

 

 

 

 

男たちに乱暴され写真を撮れてしまっただけでは終わらなかったのです。

 

 

まだ気を失っている優一は、なぜか下半身はギンギンに勃起しています。

 

 

なんと、M字に開脚させて顕わになっている咲のオマ●コを優一のチ●コの上に跨らせたのです。

 

 

やめろ!!

 

 

そう叫ぶ咲ですが、その願いも虚しく

 

 

深く、深く反り返っているチ●コが突き刺さっていきます。

 

 

あぁっっ!!

 

 

弟のチ●コで完全に処女を失ってしまった咲。かわいそうで、悲しい状況なのにこの漫画の怖いところは、恐怖におののく表情も必見だということです。

 

 

目を覚ました優一は、姉が自分のチ●コの上に跨っていることに気づきます。

 

 

優しくて、綺麗で、大嫌いな姉の中にが深々と突き刺さっている自分のチ●コ。

 

 

優一はまさかの行動にでます・・・・

 

 

優一は、自分から腰を激しく突きあげて・・・・・

 

 

⇒ 家畜の王を読んでみたいのであればコチラへ