初エッチの相手は…妹!?

初エッチの相手は…妹!?美人の彼女と美少女の妹とのはざまで・・・

初エッチの相手は…妹!?無料試し読みならコチラ!

 

 

【コミなび純稿】初エッチの相手は…妹!?

 

 

 

初エッチの相手は…妹!?

 

 

おしとやかで、美人で巨乳、そして処女という非の付け所がない彼女との初エッチを目前にした自分。

 

 

彼女の胸を揉んでいると、彼女も感じてきて、

 

 

「服・・・、脱がせて・・・」と処女なのにエッチをせがんできた。

 

 

恥ずかしそうな表情とは裏腹に、自分と同様に、もう我慢ができなくなっているのかも知れない。

 

 

服を脱がせ、彼女の大きくて、形の良い胸を遂に拝む時が来た。

 

 

フロントホックのブラに手こずりながら、なんとかブラを外すことに成功すると、

 

 

「プルン!!!」

 

 

ハリが良く、そして乳首がピンク色の美しいオッパイが自分の目の前に!

 

 

ちょっと触れて、口に含むだけで、感じている感度が良い彼女は最高。

 

 

パンツの上から下を触わると体をビクつかせる。

 

 

パンツを脱がし、アソコを見ようとすると、恥ずかしそうにしながらも、

 

 

男の人はここが好きなんでしょ。と聞いてくる。

 

 

もう我慢ができない。

 

 

「い、入れるよ・・・」

 

 

そう言って、自分のアレを、彼女のピンク色したアソコに挿入しようとしたその瞬間に、

 

 

部屋のチャイムを鳴らす音が響き渡る。

 

 

なんと、妹が家出をして兄貴の家に押しかけて来たのだ。

 

 

 

念願の初エッチを邪魔された自分は、夜な夜なおさまりをつけるために、トイレに入ってオナニーするしかなくなってしまった。

 

 

彼女がいるのに悲しい現実ではあるが、もう少しで射精するという時に、

 

 

妹がトイレのドアを開けてしまった。

 

 

硬直する自分。そして変態と叫ぶ妹。

 

 

 

男は我慢することができないんだと妹に説明し、なんとか理解を求めるようした自分。

 

 

妹は、恥ずかしそうな顔をしながら、「私がしてあげようか?」と言いながら、

 

 

 

俺の、大きくなっていたアレを咥え、フェラをし始める。

 

 

我慢できなくなってきた自分は、妹の胸を揉み始め・・・・・

 

 

 

 

⇒ 初エッチの相手は…妹!?フルカラーの無料試し読みはコチラ