このままじゃイク あらすじ

このままじゃイク・・・看守の指がアソコを刺激してくる

「このままじゃイク」のあらすじを暴露します。いづみ翔さんが描くエロ漫画の金字塔です。

 

 

 

 

 

 

 

「あっ、あっ。」

 

「やめてください。あーーっ」

 

何度も、何度も、看守の指が、おし開かれた私のオ●●コの奥深く入ってくるたび、何度も、何度もイッテしまう。

 

 

 

 

私は早乙女陽菜。

 

 

赤月社の経理で真面目に働いていたのに、業務上横領という身に覚えのない罪で逮捕され、懲役1年の実刑判決を受け、刑務所に収監されてしまったのです。

 

 

全くの無実なのに・・・。おんなが私だけしかいない男だらけの刑務所に。

 

 

収監された刑務所で待っていたのは、看守の明神亜貴。

 

 

美形で、冷酷な看守に、私は快楽刑に処せられ「このままじゃイク」と言わされ続けてしまうのです。

 

 

頭では拒否しているつもりなのに、体は違うのでしょうか。

 

 

看守の指使い、そして舌使いに、みだらな声を出し続ける私。

 

 

「やめてください」そう言いながらも、

 

 

私の乳首は硬く勃起し、

 

 

アソコは潮を吹き続けてしまうのです。

 

 

ああっ、またイク。

 

 

私は痙攣をしながら絶頂を迎えてしまうのです・・・

 

 

 

⇒ このままじゃ・・・イク・・・を読んでみよう!無料試し読みはコチラから!